一覧に戻る

中小工務店には住宅商品が必要か?

「家の商品化やと!! アホか? 家は買うもんじゃなく、建てるものなんじゃ!!」

 

むか~し、むかし、私が住宅事業を始めた時に大工さんから怒られた言葉でした。

 

「あのな、土地の値段は必ず上がるんや!!」

 

バブルがはじけ数年後経った時でも、不動産屋のおやじからはこう言われていました。

 

このように昔は、世情やお客様の感覚に乏しく、自分の意見に凝り固まっている方が多くいました。(ある意味これを職人気質といい、今では貴重な存在かもしれません。)

 

大手ハウスメーカー主導のこの住宅業界では、中小工務店が住宅商品を持つことが、もはや当たり前となりつつあります。なぜなら、家づくりをしているお客様が選ぶ基準の一つに、”住宅商品”があるからです。

 

家づくりに素人のお客様だからこそ、パンフやモデルハウスでわかりやすく伝えてくれる住宅商品。

 

そんな中、どんな家を建てているのかわからないような中小工務店には、お客様も不安で頼みたいとも思いません。(そこの工務店と知り合いだったら、話は別ですが。)

 

だから、まずお客様にどの住宅業者がいいか?と候補の一つにしてもらうためにも、住宅商品を持つことは大切だと思います。

 

ただし、商品化をしなくても売れる場合があります。それは、

 

・ お客様が気に入るような施工事例をたくさんHPに載せ、

・ 家づくりの考え方をしっかりと伝えて、

・ そこの工務店に頼むとどのようなメリットがあるのかをわかりやすく伝えてくれている。

 

そんな工務店は、売り上げの伸ばしています。

 

そういった会社は、売りたいお客様(ターゲット顧客)も明確にしています。だから、その方にダイレクトに伝わるように商品や会社のアピールができています。こうすれば、商品化をしなくても売れます。

また、そんな住宅会社は、自社商品を持つ代わりに、「子育て世代でも買えるデザイン住宅」とか「設計士とはじめる家」など、

ちゃんとそこの工務店の建てる家のコンセプトがしっかりとお客様に伝わるようにしています。

 

結局これも商品化と言えば、そうかもしれませんが…。

 

一覧に戻る