一覧に戻る

あたるチラシを作るコツ(プライベートのことを話す)

ボクシングなどの格闘技やスポーツの試合の前に、出場者や組織の苦労話などを紹介することで、TVを観ている人に、試合を感情移入させるやり方がありますよね。

 

観る側も単なる試合より、その人(組織)の内情を知っているので面白く感じます。

 

私の会社では、この手法をチラシにもよく使いました。たとえば、自分のプライベートな事をあえてチラシに載せました。これは、よくHPやニュースレター、ブログ、そしてSNSでもやりました。

また、見学会では、その家を建てたお施主様のプライベートな側面をちゃんと説明します。

 

同じ家づくりをしている同世代が、感情移入や共感をしてもらうことで、「見てみたい。」と見学会に行動をおこさせようとします。

 

このチラシは、身内が建てた家をしばらくモデルハウスとして貸してもらった時のイベントチラシです。タイトルで身内の話をしてお客様に?と浮かばせます。そして、本文に導入させます。

その後、プライベートなことも書きながら、この家の見どころを紹介しました。

 

 

 

 

一覧に戻る