一覧に戻る

住宅の売り方を決める(3C分析)

普通の商品を普通に売っても、なかなか思うようには売れません。

 

あなたの会社が選ばれるためには、まずターゲットとする理想のお客様像と競合相手を知る事からはじまります。その上で自社の強みを見つけます。

 

他社と比べ優れている商品を、「ぜひ欲しい」と思ってもらえる理想のお客様と巡り合うために、まず、あなたの会社の売り方を決めます。このやり方をマーケティング用語で3C分析と言います。

 

3C分析とは、経営コンサルタントの大前研一さんによって広く知れ渡るようになったマーケティング手法の一つです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「誰に何をどうやって売っていこうかと考える。」という自社の戦略を考える際に、顧客 customer、競合competitor、自社 companyの3者の特徴をそれぞれ明確にし、自社が競合と比べて差別化できることや自社が顧客に選ばれるための優位点を導き出すやり方です。

 

これまでのお話で、

ペルソナ設定とカスタマージャーニーで理想の顧客を知り。「あなたのお客様は誰ですか?(ペルソナ設定)」

競合分析とポジショニングマップで他社を知り、

「敵を知る(競合分析)」

「戦う場所を決める(ポジショニングマップ)」

そしてUSPで自社の優位点を見出すやり方をお伝えしました。

「どこにも負けない売りを決める(USP)]

 

 

これを元に3C分析を作っていきます。

 

まず、顧客、競合、自社の3つを埋めていきましょう。そして、お客様が自社を選んでいただく理由。最後に、競合と比べて自社が選ばれる理由。これらを書いていきます。わが社の3C分析は次のようになっています。

 

私どもの3C分析はこのようなものでした。

 

一覧に戻る